正しい使い方(塗り方)

デオシークの効果を最大限に発揮させるためには、正しい使い方でクリームを塗る事が大切です。

ただクリームを塗るだけではありますが、タイミングや塗り方、部分によって注意が必要な部分、悪化してしまう間違った方法などもあります。

ここではデオシークを手に取ったら1日でも早く効果を実感するための正しい使い方(塗り方)についてご説明します。

塗る場所はどこ?

デオシークは基本的に粘膜部分を除く全身に塗布ができます。
デオシークを塗れる部位
脇や胸、デリケートゾーン、足、耳の裏、背中などボディにも塗れるので加齢臭やミドル脂臭など臭いが気になる部位に塗布して臭いを防いでください。

タイミングが重要!いつ塗ればいい?

使うタイミング

デオシークを使うタイミングは朝と夜の1日2回です。

朝は外出前、夜は入浴後すぐです。

塗布する前に大切な事

デオシークを塗布する前は必ず塗布部分を清潔にしてからクリームを塗布してください。

注意
すでに汗が出ている状態でクリームを塗布すると効果が半減してしまうので、汗が出始めていれば清潔なタオルで拭きとってください。

入浴後は脇が最も綺麗な状態です。汗をかくまでにデオシークを塗布しましょう。

また朝は夜寝ている間に汗をかくので、汗をタオルで拭ってからデオシークを塗布してください。

塗る量

デオシークはは方脇2プッシュは方脇1プッシュずつ使用します。

1日5プッシュ~6プッシュの使用で1本使い切る量になっています。

塗り方

デオシークを塗る時はクリームを指にだし、そのまま直接肌に薄く伸ばして塗りこんでください。

腋毛が生えている部分だけではなく、広範囲に塗り広げる事がポイントです。

MEMO
腋毛はクリームが浸透しにくくなる原因になるので、女性であれば腋毛を全てカット、男性もできれば剃毛した方が効果が高くなります。

また男性で剃毛に抵抗がある方は腋毛が生えていても浸透力UPでワキガ臭を防いでくれる男性専用のデオドラントクリーム「ディーアジカ」がおススメです。

ディーアジカの詳細はこちらのサイトをご覧ください。

男性は雑に塗りがちなので、丁寧に塗るように意識してくださいね。

デリケートゾーン(陰部)の使い方と塗り方

スソワキガ
ワキガ体質の場合、スソワキガも併発されている方がほとんどだと思います。

デリケートゾーンと言えど、とても臭いが気になりますよね。

ですが、安心してください。デオシークは肌に優しい無添加処方のクリームなので、デリケートゾーンにも塗布でき、スソワキガ臭を防いでくれます。

アポクリン汗腺は陰毛部分にあるので、VラインとIラインの陰毛が生えている部分に塗り込んでください。

注意
ただし、注意点として粘膜部分を避けて塗布してください。粘膜部分にはアポクリン汗腺がないのでこの部分に塗布しても意味がありません。また粘膜部分は非常に吸皮性が高い場所です。思わぬ反応が出てしまう可能性もあるので、絶対に避けましょう。

2度塗り方法

デオシークの効果を強化させる方法として「デオシークの2度塗り方法」もあります。

これは一度デオシークを脇に塗布した後、タオルで綺麗に拭き取って、再度デオシークを塗布する方法です。

この方法をするか、しないかはお好みになりますが、この方法だと倍量使うことになるので定期便の発送を早めることにはなります。

1ヶ月にかかるコスト等を考えながら実践してみてくださいね。

デオシークの使い方(塗り方)まとめ

デオシークは手術をするわけではないので、塗布したその日からパッと臭いが消えるというわけではありません。

塗り続ける事で効果が発揮されるので「デオシークが効かない!」思っても途中で辞めずにまずは1本使い切ってくださいね。

デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です