有効成分と消臭成分の詳細

デオシークには有効成分に「パラフェノールスルホン酸亜鉛」と「イソプロメチルフェノール」その他の成分にカキタニンをはじめとする独自の消臭成分が配合されています。

これらのデオシークに配合された成分はそれぞれどんな作用を持っているのでしょうか。

デオシークがこだわって配合した成分、そしてその成分から期待できる作用について調査しました。

デオシークの成分のこだわり

デオシークはデオドラント効果とスキンケアを兼ね備えたクリームです。
デオシークの特徴

制汗、殺菌、防臭の3ステップで徹底的にデオドラント効果を発揮し、さらに保湿・透明感・引き締めによるスキンケアでワキガ臭が出にくい環境に改善していきます。

デオシークの有効成分

それではデオシークに配合された有効成分について見ていきましょう!

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は強い収れん作用がある成分です。

汗に含まれるたんぱく質とパラフェノールスルホン酸亜鉛が反応して凝固物を作り汗の出口に蓋をして汗を抑えてくれます。

ワキガ臭はエクリン汗腺から分泌される汗によって臭いが拡がってしまいます。

でも、汗が出なければ汗ジミの予防、また臭いの拡散を防ぐことができますよね。

このパラフェノールスルホン酸亜鉛は汗っかきの人にも効果的な成分で、多汗症の人には欠かせません。

イソプロメチルフェノール

イソプロメチルフェノールの働きは、ワキガの原因となるコリネバクテリウム属を殺菌します。
イソプロメチルフェノールの働き

また黄色ブドウ球菌にも効果的なのでワキガ以外の悪臭や体臭にも効果があります。

原因菌がいなくなればアポクリン汗腺から分泌されたたんぱく質やアンモニアも分解されず、分解されなければ臭いが発生することはなくなります。

何よりもデオシークは黄色ブドウ球菌・コリネバクテリウム キセロシスに対する殺菌力試験を行い、24時間経過した後も99.999%の殺菌効果があることが実証されています。
デオシークの殺菌持続効果

24時間経過しても殺菌効果が続いているので、朝塗布すれば夜まで殺菌効果が続くと言えます。

その他の成分

デオドラントクリームの効果で差が出るのは、有効成分以外のその他の配合成分です。

デオシークには有効成分の他にも独自の消臭成分が配合されています。

デオサラサ

デオサラサはデオシークの独自成分で柿タニンをリリースすると同時に皮脂を吸着する働きがあります。

デオサラサの働き
デオサラサらの働きで防臭効果が長続きし、嫌なベタつきを抑えます。

デオシークを塗布した後はベタつかず、サラサラになるのもこのデオサラサのおかげです。

柿タンニン

柿タンニンはポリフェノールの一種です。渋柿を食べた時のものすごく渋くて顔が歪んでしまった事がある方も多いと思いますが、あの渋みの正体が柿タンニンです。
柿タンニンの働き

柿タンニンには悪臭成分と結合し他の成分に変化させて臭いを絶つ消臭効果と雑菌やウイルスを寄せ付けない防菌効果と殺菌効果があります。

さらに活性酸素の働きを抑える抗酸化作用やメラニンを作る細胞の働きを抑制する美白効果、毛穴を引き締める効果もあります。

ジャムウ

デオシークのジャムウの働き
ジャムウはインドネシアに古来から伝わるハーブで、漢方のようなイメージを持たれるといいと思います。

よくデリケートゾーン用の石鹸にも配合されている事が多いですよね。

ジャムウの種類はたくさんありますが、デオシークに配合されたジャムウは保湿・殺菌・肌荒れケア効果があり女性特有に悩み解消に働きかけてくれます。

肌に優しく塗布しながら黒ずみケアも期待できそうです。

デオシークはしっかりと有効成分を配合し、さらにその効果が外部機関によって確かめられているデオドラントクリームなので、効果をしっかりと期待できると言えるでしょう。

デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です